サンスベリアの挿し葉 葉の冬越しとその後の生育について

植物育成のコツ

先日、サンスベリアが根腐れしたので
葉を乾燥させて、葉だけでの冬越に挑戦しました。

その時のブログはこちらです。

サンスベリアの根腐れ対策 葉の冬越しに挑戦
https://xn--ferv7trtjo0b.com/wp/sansevieria/

 

それから一か月、どうなったでしょうか??

サンスベリアの冬越しその後

新聞にくるんでいた葉を広げると…

腐りが進行した葉は無く、
切り口は乾燥状態になっています。

無事に越冬できたかもしれません。

これで発根するかどうか、差し葉を行ってみたいと思います。

何枚か、乾燥が進み
茶色くなった部分が長いものがあるので
そのような場合は、途中で切り戻しておきます。

 

差し葉に適した土と鉢

挿し葉の用土は多肉植物用の培養土か、
洗い砂または桐生砂に赤玉土の小粒を
3割ほど混ぜたもの
を使います。

鉢は7号のプラ長鉢を使いました。

 

差し葉のコツと生育のポイント

ではいよいよ差し葉です。

鉢の6分目あたりまで用土を入れたら
葉の向きをそろえて軽く挿します。

その周りに8分目まで用土を足して完了です。

鉢は風通しの良い日陰に置き、一週間は水を与えません。

一週間以降から水やりをはじめますが水は控えめにし、
鉢土が十分乾いてから次の水やりをします。

うまく発根すれば、夏には新しい葉が顔を出してきます。
そしたら発酵油粕を肥料として与えます。

うまくいくとよいのですが。
夏が楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました