ストレリチアのすす病とカイガラムシ対策

家庭でできる害虫対策

弊社の本社のベランダで、ストレリチアを育てていましたが、
寒くなったので室内に取り込みました。

すると表面に「黒いもの」がついている葉が見つかりました。

「すす病」です。

雨のかからない所に置いていたので、
カイガラムシがついて、そこからすす病を併発したのだと思われます。

写真中央の薄茶色の楕円形がカイガラムシです。
その上の黒い汚れがすす病です。

よく見ると小さなカイガラムシもたくさん付いています。

すす病・カイガラムシの対処方法

早速対処することにしました。

まずは、黒いすすを濡れた雑巾でふき取り、
カイガラムシは歯ブラシでこすり落とします。

これだけで綺麗になりますが、
乾燥した室内では、再発することが予想されるので、殺虫剤も併用します。
オルトラン顆粒を溶かした水を鉢もとに潅水します。

オルトラン顆粒

これで取り切れなかった小さなカイガラムシを駆除できますし、
冬のハダニも予防することもできます。

元気に育ってくれることを願って。

コメント

タイトルとURLをコピーしました