サンスベリアの根腐れ対策 葉の冬越しに挑戦

植物育成のコツ

サンスベリアの葉の一部が倒れてしまいました。
寒さで根元が腐ったようです。

我が家のサンスベリア

サンスベリアの特徴と冬越しの仕方

サンスベリアは、とても人気のある観葉植物です。
きっとどこかで
目にしたことがあるのではないでしょうか。

アフリカが原産地なので、寒さと湿度に弱く
我が家ではいつも暖房の無い部屋で
水を一切与えず乾燥させて冬越しさせています。

いつもならそれで問題ないのですが、
実は先日、このサンスベリアを株分けしたばかりだったので
まだ根が定着していなかったのか
寒さを乗り切れなかったようです。

根元が腐っている様子

仕方がないので、倒れた葉を根元で切り取りました。
すると、腐っているのは根元の部分だけのようです。

 

 

そこで、倒れた葉は葉のまま冬越しさせて
春に挿し葉をすることにしました。

差し葉とは…
その名前の通り、葉を直接土にさして栽培する方法です。
うまくいくと葉から直接根付きます。

 

カットした葉。

冬超しの準備

腐った部分をナイフで切り取り、
1週間ほど室内の日陰で切り口を乾燥させ、
新聞紙にくるんで5月の連休まで冷暗所に保存します。

春まで硬い葉のままなら葉の冬越しは成功です。

 

それでは、挿し葉の様子は5月にお知らせします。

サンスベリアのその後

その後の様子を更新しました!
こちらからどうぞ

サンスベリアの挿し葉 
葉の冬越しとその後の生育について
https://xn--ferv7trtjo0b.com/wp/sansevieria_-wintering/

コメント

タイトルとURLをコピーしました