桑の実(マルベリー)の収穫のタイミングと生育のコツ

植物育成のコツ

我が家のの木が、
枝がしなるほどの実をつけました。

枝がしなるほどの桑の実

これは、蚕用の「ヤマグワ」ではなく、
果樹用の「西洋桑」なので実が大きめです。

「マルベリー」といった方が身近かもしれません。

参考画像 ヤマグワの実ヤマグワの実
(画像は植木ペディアさんよりお借りしました)

 

マルベリー 桑の実の収穫タイミングの目安

実は完熟すると黒くなりますが、
その一歩手前の赤みが残っている頃が、ちょうど収穫どきです。

ジャムにしてもよし、そのままヨーグルトにのせてもおいしいです。

桑の木を育てるデメリット

■害虫がつきやすい

前回お話ししたアオバハゴロモのほか

アオバハゴロモ

カミキリムシやハマキムシなど害虫が多い木です。

桑の葉は、蚕の餌となるぐらいですから、
昆虫から見ると魅力的な木なのでしょうね。

 

■手間がかかる

また、成長が早くて徒長枝(とちょうし)が多く、
年2回は剪定しないと、強風で倒れたり雪で折れたりしやすいのが欠点です。

だいぶ手がかかるので、庭木としてはイマイチおすすめしづらいのですが…


ただ、美味しい実の多さは、その欠点を充分にカバーしてしまいますね。

台風シーズンになると伐採しちゃおうかと毎年考えるのですが、
この時期だけはちょっと楽しみな庭木です。

※…徒長枝(とちょうし)とは、
剪定した後などに勢いよくのびてくる、実を付けない邪魔な枝のこと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました